お知らせ

第39回千葉県支部フォークリフト運転競技大会の結果について

 

千葉県支部フォークリフト運転競技大会が7月19日(金)[学科]と7月27日(土)[点検・運転競技]の両日に開催され、「一般の部」での競技が行われました。

主催者挨拶では、千葉県内の陸運業の休業4日以上の労働災害は3年連続で800人を超え、千葉県でも871名となっており大幅に増加しております。

このため、荷役作業安全ガイドラインの更なる周知・徹底を図り、墜落・転落防止についての教育取組を強化しているところです。

本日、お集まりの皆様方におかれましては、本大会を契機に、これまで以上に充実した実効ある労働災害防止活動を展開され、安全な快適な職場環境づくりのリーダーとして災害防止活動に努めて頂きたいとのお話がありました。

ご来賓のご挨拶として、千葉労働局健康安全課課長 北村明典様より荷役災害による陸運業の事故は増加しているため、選手の皆さんは職場の安全を推進するためにも、正しい知識と技術を伝授し安全な作業に取り組んで頂きたいとのお話がありました。 

 今大会の結果を踏まえ、「一般の部」1名と「女性の部」1名を9月29日(日)に開催する「第34回全国フォークリフト運転競技大会」に推薦し、上位入賞を目指し千葉県代表として頑張って頂きたいと思います。

 

※大会結果記事については下記からダウンロードしてください↓

 

大会結果について