お知らせ

外国人労働者に対する安全衛生教育の推進について

出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律については、一部の規定を除き平成31年4月に施行されたところでございます。

 同法により在留資格「特定技能」が創設され人材確保のための外国人労働者の登用について記載されたましたが、この制度の運用により、特定産業分野においては新たな外国人労働者の受け入れが始まり、外国人労働者にあっては、日本語や日本の労働慣行に習熟していないことから、外国人労働者を登用する事業所にあっては、安全衛生確保のための適切な安全衛生教育の実施、および研修会の推進を図るために各事業場の皆様方にご周知して頂きますよいうお願い申し上げます。

 

こちらから、ダウンロードしてください ↓

外国人労働者の安全衛生教育の推進