お知らせ

11月は「外国人労働者問題啓発月間」です

  政府では、毎年6月を「外国人労働者問題啓発月間」と定めており、事業主を始め広く国民一般に対して外国人労働者問題についての啓発活動を行っています。
 本年度については、新型コロナウイルス感染症の影響により6月の実施を延期していましたが、今般、11月を同月間とすることになりました。
 千葉労働局としては「守ろう雇用、誰もが活躍~外国人雇用はルールを守って適正に~」を標語として、外国人雇用の基本ルールの遵守に関する啓発・指導等のほか、特に、新型コロナウイルス感染症の影響により事業活動を縮小する外国人雇用事業所等に対して、外国人労働者の雇用維持  

 及び離職を余儀なくされた外国人労働者の再就職支援に関する周知・指導等を積極的に行っていきます。

 外国人の雇用はルールを守って適正に ポスター